古物商許可申請

Colourful hanging sales tags with optional transparent shadow

最近はネット上で簡単に売買ができるようになって、サラリーマンや主婦、学生までもが転売ビジネスを始めることが多くなりました。

 

一度使用されていたものを買い取り、他人に売り渡す行為を反復継続して行う行為を古物営業と言い、古物営業を行うためには「古物商許可」を取得しなければなりません。

 

個人でやるだけだし、許可を取るのは面倒臭いから取らない、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、無許可で古物営業を行った場合、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

 

古物営業を行う方は、必ず古物商許可を取得するようにしましょう。

 

当事務所は、管轄の警察署との事前協議、申請書類の作成、必要書類の取得、申請、許可証の受領を一括してお引き受けいたします。

 

古物フロー

 

お問い合わせはこちらから!

 

☎0555−22−7796

(受付時間9:00〜18:00 土日祝日もお受け致します)

お問い合わせフォームからメールでもお問い合わせが可能です。

【お問い合わせフォーム】

ご相談は無料です!!

 

報酬額・諸費用

【個人・新規】  38,000円(税別)+19,000円(収入印紙代)+住民票の写し、身分証明書、登記されていないことの証明書などの取得費用実費

【法人・新規】  48,000円(税別)+19,000円(収入印紙代)+登記事項証明書、住民票の写し、身分証明書、登記されていないことの証明書などの取得費用実費