民泊・ゲストハウスサポート(Sightseeing Business)

民泊、ゲストハウス、ホテル、旅館、これらは宿泊業という点で共通していますが、運営形態が異なるので、どのようなビジネスモデルを想定しているのかによって必要な許認可が変わります。   旅館業法に基づく旅館業許可を取得することが、これまでの宿泊業にとって必須でしたが、国家戦略特区法に基づく特区民泊と呼ばれる形態や、住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)に基づく届出民泊も平成30年6月15日にスタートすることになり、今まで以上にどのような形態で行うべきかを考える必要があります。   弊所では、事業計画の段階から、現地調査・法令調査をし、どのような許認可を取るのがベストかを、戦略的な視点でコンサルティングさせていただき、申請手続きはもちろん、運営上の相談、民泊代行業者など関連企業のご紹介までコーディネート致します。