在留資格認定証明書

日本人と婚姻した外国人の方を日本に呼び寄せる場合や、日本の企業が,外国にいる外国人を雇用する場合などで,事前に在留資格の該当性などを判断して入国手続をスムーズに行う手続きとして,在留資格認定証明書交付申請があります。

 

在留資格認定証明書が交付された後、本国にいる本人に郵送し、在外公館で査証を発給してもらうことで、日本に入国できます。

 

入管に支払う手数料はかかりませんが,交付後3か月以内に入国しなければならないので,受け入れ機関の側は,予定雇用日から逆算して,準備や審査にかかる期間を考慮して申請のスケジュールを組む必要があります。