行政不服申立て

特定行政書士が行政不服申立て手続を代理いたします。

 行政書士が書類を作成し、行政庁へ許認可等を申請したにもかかわらず、申請が拒否された場合や、申請したのに何の対応もしてくれないという場合に、不服申立ての代理権を持った特定行政書士が、ご本人に代わって審査請求書の作成・提出、意見陳述等の手続きを致します。

 特定行政書士は、行政書士の資格者がさらに研修を経てなることができる資格です。

 

 行政不服申立ては、行政庁に対して違法・不当な行為を改めるように、第三者機関に申し立てる手続で、裁判手続よりも簡易・迅速な救済を図ることができます。

 

 例えば、行政書士が申請書類の作成に関与した場合で、

 

○産業廃棄物処理施設設置許可申請をしたところ、法律上の要件となっていない書類の提出を求められ、いつまで経っても許可を出してくれない。

○生活保護申請書を提出したのに、不当な理由で返されてしまう。

○行政文書の開示請求をしたものの不開示決定となったが、納得出来ない。

 

 このような場合は、特定行政書士による不服申立て手続で争うことができます。

 不服申立て手続を代理する特定行政書士以外の行政書士が当初の申請等の書類を作成した場合でも不服申立てが可能です。

 

 弊所では、日頃から行政手続法、行政不服審査法だけでなく、行政事件訴訟法、判例なども含めた行政法の専門的な知識の研鑽を続けていますので、当初の申請手続きから安心してご依頼下さい。事案によっては弁護士さんと連携をとって対応させていただきます。

 他の行政書士さんからも、不服申立てについてのご相談をお受け致します。