産業廃棄物収集運搬業許可申請

委託を受けて産業廃棄物の運搬をするには、都道府県の『産業廃棄物収集運搬業の許可』が必要です。

 

特に、建設業を営む方にとって避けては通れない建築廃材といった産業廃棄物の適正な処理のため、そして行政処分や刑事罰を受けないためにも、許可を取得する必要があります。

 

 

そもそも、どのような方に産業廃棄物収集運搬業許可が必要になってくるのでしょうか。

 

産業廃棄物とは、事業活動に伴って生じる、廃棄物の処理および清掃に関する法律(いわゆる廃棄物処理法)に規定された廃棄物を言います。

簡単に言えば、日常生活の中で出されるゴミではなく、事業活動の中で出てくるゴミのことです。

 

こうした産業廃棄物は、人や環境に甚大な影響を及ぼす可能性があるものも含まれているので、適正な管理のもとで再生利用、あるいは最終処分をする必要があります。

 

行政による厳しい監視のもとで、産業廃棄物がどこから出て、どこへ向かい、どのようにして処分されるのかを管理するのです。

 

そこで、産業廃棄物が処分される過程での、収集・運搬を監視・監督する必要から、産業廃棄物収集運搬業許可は、産業廃棄物を直接出した方(これを排出事業者と言います)ではなく、この産業廃棄物を収集し、運搬する方が取得する必要があります。

排出事業者が自分で収集、運搬する場合、許可は必要ありません。

排出事業者は、マニュフェストという管理票と、業務委託契約書、そして廃棄物処理法などの罰則によって監視・監督されることになります。

 

ここで注意すべきなのは、例えば、自分が建設業の下請業者として請け負った事業の中で自分が行った工事で出された廃棄物は、下請業者が排出事業者になるのではなく元請業者が排出事業者となる点です。

ということは、下請業者として現場に入った業者が自分で出した廃棄物を運ぶだけであっても基本的には許可が必要になるのです。

 

我々行政書士は、官公署に提出する書類を代理人として作成・提出することができます。

産業廃棄物に関する疑問、申請手続き、許可取得後に必要な手続きについて、ご相談に応じさせていただきます。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

☎0555−22−7796

(受付時間9:00〜18:00 土日祝日もお受け致します)

お問い合わせフォームからメールでもお問い合わせが可能です。

【お問い合わせフォーム】

 

ご相談は無料です!!

 

 

【報酬・手数料について】

産業廃棄物収集運搬業許可(新規)・・・148,000円(税抜き)+申請手数料(山梨県収入証紙)81,000円

産業廃棄物収集運搬業許可(更新)・・・ 78,000円(税抜き)+申請手数料(山梨県収入証紙)73,000円

※住民票、納税証明書、登記事項証明書といった添付書類の取得にかかった費用については、別途実費として請求させていただきますので、ご了承ください。