自然公園法に基づく許可・届出

自然公園法では、指定された地域で工作物を設置したり、森林を伐採したり、広告物を設置するなどの行為を行う場合、許可または届出が必要になる場合があります。

 

【自然公園の指定】

・国立公園(環境大臣が指定)

・国定公園(都道府県知事の申出・環境大臣の指定)

 

【地域区分】

自然公園の地域区分として、以下のようなカテゴリーがあります。

・普通地域

・特別地域(第1種、第2種、第3種、特別保護地区)

・海域公園地区

 

これらのうち、普通地域で特定の行為をする場合には、基本的には届出を行い、普通地域以外の地域では許可申請の手続を取ります。