民泊運営代行に関する契約書

民泊運営代行業務委託契約書

民泊・ゲストハウスを運営する方が増える中、鍵の受け渡しや部屋の掃除などを、オーナーに代わって行う業者、いわゆる民泊運営代行業者が増えつつあります。

 

普段は別の仕事をしていて、ゲストの対応ができないという人にとって、民泊運営代行業者の存在は心強いです。

 

掃除、ベッドメイキング、鍵の受け渡し、リスティング、ゲストとのメッセージのやりとり、ハウスルール作成、消耗品の補充・・・やることは盛り沢山で、ひとりで全部をやろうとすると燃え尽きてしまいそうですね。

 

代行業者に依頼すればそういった業務から開放されるので、利用されている方もすでにいらっしゃるでしょう。

 

 

しかし、不特定多数のゲストを迎える民泊では、あらゆるトラブルが起こりえます。代行業者と民泊オーナーとの間でもそうです。

 

 

こうした民泊運営代行業を行うにあたって重要なのは、契約書の取り交わしです。

 

平成30年6月15日に施行される住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)においても、届出民泊を運営する際に、代行業者に委託しなければならない場合があります。

この場合、代行業者との委託契約書を取り交わし、届出の添付書類とされているので、より重要性が増しています。

 

代行をすることで、売上に対していくらの報酬とするのか、業務の範囲はどこまでなのか、契約の期間はいつからいつまでなのか、何かあったときにはどちらが損害を賠償するのかなど、契約書に記載すべき内容が法令上定めれられています。

 

弊所では、これまで民泊運営代行業務委託契約書の作成実績があります。

民泊新法に対応した契約書・利用規約の作成も可能ですので、お気軽にご相談下さい!