解体工事業の新設と登録制度

改正建設業法の施行により、平成28年6月1日から「解体工事業」の業種が追加されることになっています。

これまでは「とび・土工工事業」の建設業許可で請負金額500万円以上の解体工事業を営むことは可能でしたが、今後は原則として「解体工事業」の建設業許可が必要になります(経過措置あり)。

 

ところで、この運用は「建設業法」に基づくもので、「建設リサイクル法」に基づく解体工事業の登録は依然として維持されたままになります。

 

「建設リサイクル法」の解体工事業の登録とは、解体工事を営む場合にはその工事を行う都道府県で登録を受ける必要があるというもので、1件の請負金額が500万円未満の工事であっても登録は必要です。

 

ただし、「土木工事業」「建築工事業」「とび・土工工事業(改正建設業法施行後は「解体工事業」に改まる予定)」のうちいずれかの建設業許可を取得していれば、解体工事業の登録は不要です。

 

制度が別なのでわかりにくいのですが、上記の建設業許可を取得していない業者さんが解体工事業を営む場合には、都道府県での登録が必要ということになります。

 

弊所では、解体工事業の登録の申請を代行いたします。

料金

(弊所への報酬以外に、都道府県への申請手数料として収入証紙代が必要になります)

新規 50,000円(税抜き)+33,000円(収入証紙)

更新 40,000円(税抜き)+26,000円(収入証紙)