【旅館業・民泊】旅館業法施行令の一部を改正する政令が平成28年4月1日より施行されたようです

投稿日: カテゴリー: 旅館業
平成28年4月4日現在の段階では、官報による情報のみでしか正確な情報は確認できていませんが、旅館業法施行令の一部を改正する政令が平成28年4月1日より施行されたようです。
 
従来は、簡易宿所としての旅館業許可を取得する場合、客室の延床面積が33㎡以上必要でした。
 
今回の改正により、宿泊者数を10人未満とする場合、3.3㎡に宿泊者の数を乗じて得られた平米数以上の延床面積であればよいことになりました。
 
ただし、各都道府県の条例が適用されるため、注意が必要です。
 
山梨県における旅館業施行条例については、1客室あたりの床面積は7㎡以上を要求しています。
 
今後、山梨県で改正規則に対応した条例等の改正があるのか、引き続き見守り、新しい情報が入り次第お伝えします。