【建設業許可】解体工事業の新設と経過措置について

投稿日: カテゴリー: 建設業許認可

これまで「とび・土工工事業」の許可を取得している建設業者であれば解体工事業も営むことが可能でしたが、平成28年6月より施行予定の改正建設業法によって、「解体工事業」の許可業種が新設されます。それにより、施行後に解体工事業を営むためには原則として「解体工事業」の許可を取得する必要があります。

 

ただし、現在「とび・土工工事業」の許可を取得している建設業者に対する経過措置として、施行から3年間は「解体工事業」の許可を取得しなくても解体工事を請け負うことは可能です。

また、施行から5年間は、「解体工事業」の技術者資格について、新しい「解体工事業」に必要な技術者資格だけでなく、「とび・土工工事業」の技術者資格を有している場合でも許可が認められる予定です。なお、施行から5年を経過した後は、「解体工事業」の技術者資格に限られることになる予定です。

 

解体工事業を営んでいる、もしくは営む予定のある方は、いずれ「解体工事業」許可の新規取得・業種追加をすることを想定して、請負契約書や注文書・注文請書などの書類をしっかり保管しておくことによって、手続きがスムーズになります。

 

技術者資格の具体的内容は現在検討されている段階で、いずれ国土交通省より確定した内容が発表されますので、追ってお伝え致します。