【報告】「特定行政書士」になりました。

投稿日: カテゴリー: 報告

行政書士法の改正により、新たに「特定行政書士」という制度が始まり、平成27年12月4日をもって第1号の特定行政書士が誕生しました。

 

当事務所の代表・加々美も、考査に合格して特定行政書士となりました。

 

特定行政書士とは、行政書士が作成した書類での許認可申請が違法・不当な理由により拒否された場合などにおいて、本人の代理人として審査請求を申し立て、争うことができる資格です。

 

例えば、産業廃棄物処分業の許可を申請したものの、違法・不当な理由で拒否された場合に、特定行政書士が、その拒否はおかしいと主張して争うことが可能となります。

 

 

これまでは弁護士のみが行政不服審査において本人の代理人となることができましたが、今後は特定行政書士にも認められるようになります。

 

 

現状に満足することなく、ますます市民のみなさまのお役に立てるよう、これからも日々研鑽を重ねていきます。

 

 

加々美